きびちゃん復活しました♪

マットレスの間に挟まって元気のなくなってたきびちゃんですが、
今朝にはすっかり元気になって、たくさん餌を食べてくれました!

心配してくれた方!本当にありがとうございました!

逆にまめさんは看病疲れか眠そうにしてました。
まめさんもお疲れさま!

元気になりましたっ!

昨日は朝からずっと狭いキャリーの中で
きびちゃんを見守ってくれてたまめさん。
きびが寝てるのを邪魔しちゃいけないと、
キャリーの中にはビニールで作った仕切りがあったんですが、
きびの姿が見える床の上に立ったままじっと見つめていました。

きびは昼頃に元気になってくるとまめさんの隣に行きたい!と駄々をこね。
結局、昼休みに仕切りは外して病院へ。


診察してもらったところ、
翼、脚など骨折はなし、握力もほぼ正常。
たんぱく質が吸収されずにフンに出てきているようなので、
挟まっていた間のストレスや体温変化で
肝臓機能が低下している可能性があるとのこと。

肝機能を補うために水を多く飲むのは自然な事で、
しばらくはいつもより多く飲むかもしれない。
2〜3日で元に戻らないようなら注意する。
糞尿の色に注意する事。
餌を食べるのが少なければ、夜も薄明かりを点けて、
近くに餌と水を置いてやる事。
後から足元がふらついたりする場合もあるので注意。
しばらくは暖かめにして安静にしておく事。

…ということで、当面は投薬&経過観察ということです。
肝臓の薬とビタミン剤を出してもらいました。

どうせなので、来週健康診断兼ねて通院することにしました

まめさんは病院が好きなので、
先生や看護婦さんの声聞けて楽しかったようです…


きびが落ちたところと文鳥sが遊びに行くところには
布をかけて隙間に落ちたりしないようにしました。
2度と事故が起こらないように気をつけます。


JUGEMテーマ:文鳥さん
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村   

きびの怪我

昨日の朝、きびが怪我をしました。
使ってないベッドのマットを畳んで立てかけてあったところで
間に落ちて挟まってしまっていました。
特に危ない場所だと思っていなかったので迂闊でした。

朝助け出した時にはビックリした様子だったものの
鳥かごの中を動いて、きび穂も食べていたのですが、
家に帰ったらつぼ巣の中で餌も食べずにじっと寝てて、
明らかに様子がおかしい。

昨日は病院が休みだったので、
今日は会社に連れて来て、帰りに病院に行こうと思います。

フンも小さくて餌も食べてる様子がなかったので、
家に残ってたフォーミュラーを溶いてくちばしに付けて食べさせました。
ちょっと古いし、ほんのちょっとだけど、
ちょっと瞳がしっかりしてきました。

会社の人も笑って許してくれたし、
まめさんがぴったりくっついて見ててくれてるので
私もちょっと安心しました。

ひどい怪我じゃありませんように…


JUGEMテーマ:文鳥さん
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村       

毛引きのその後

去年から胸の辺りの羽根を抜いちゃってたまめさん。
健康診断の時に病院で聞いたら、
典型的な毛引きですと言われちゃいました

胸の段

若いのですぐに生えてはくるんですが、
またすぐに抜いてしまうので、
ずっとそこだけトゲトゲになってました。
胸の辺りが段になってたんですが、
今度の換羽でだいたい生え揃ったようです♪

毛引き治ったかな?

毛引きの原因は心因性のものが多くて、
飼い主が構ってくれないとか、
鳥かごの位置が気に入らないとか…
原因を特定するのはなかなか難しいそうです。

まめさんの場合は…
きびちゃんへの求婚失敗が原因だったようです
残念だね…男の子同士で…

放鳥時間や鳥かごの角度など、
色々と換えてみたけど効果なしで、
換羽になったら急に治ってしまったみたいです。

もしかしたらまた抜いちゃうかもしれないけど、
せっかくふかふかに戻ったので、
もう抜かないで欲しいです…

血が出るまで毟ったりしちゃうと、
エリザベスカラーを付けなきゃならなかったりして、
なかなか大変な病気なんだそうです。

***

東京の桜はそろそろ終わり時期。
川面が花びらでピンクに染まってなかなか綺麗です♪
まだまだ夜冷え込むことがあるけど、
早く暖かくなるといいですね〜!
(暖房もいらなくなるし…)

桜の花


JUGEMテーマ:文鳥さん
   
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

心臓肥大について

シナモン文鳥のむぎが亡くなったのは生後3週間。
1年程前になります。
死因は心臓肥大。

文鳥の雛を亡くして、はっきりとした死因を知ったのは
むぎが初めてだったと思います。
色々と兆候があったけれど、
そんな病気だとは思いもしなかったので
亡くなってからの検査で病名が判明しました。
文鳥のような小さな身体では心臓手術はできませんが、
同じ病気や症状の文鳥さんを持つ飼い主さんへ
何かヒントと参考になればいいと思い、
少し長くなりますが、兆候や経過など書いておきたいと思います。

何度書き直しても上手く書けませんでした。すいません。

***

心臓肥大とは字の通り心臓が肥大してしまう病気です。
小鳥のような小さな身体の場合は肺を圧迫し、
呼吸困難となり、チアノーゼの症状が出ます。
また、鳴き声を出すための器官も圧迫され、
声が出しにくくなったりします。
小鳥の場合は手術は難しいとのことです。


***

●2月はじめ。生後2週間程度の雛の頃
差し餌にも口を開けるのに、何故かとても声が高く、聞き取りにくい

●3週目までは活発で食欲も旺盛
高かった声が掠れた様に。運動の後に開口呼吸が見られる。
病院の予約を取ったものの、
元気いっぱい飛び回る様子に緊急性は感じないくらい。

●数日後、少し肌寒い日に会社から帰ると、
むぎだけがヒーターの下にもぐりこんでいた。
慌てて病院へ連絡し、保温と保湿をして様子を見ることに。
すぐに餌を食べれるまでになったものの、開口呼吸は治らず。
身体を支えるのが難しくなったのか、
餌の入れ物に入り込んで眠る。

●ようやく病院へ連れて行くと、
移動のストレスもあって呼吸が荒く、チアノーゼ状態に。
急遽酸素吸入をさせると、よろけて立てなくなり、
そのまま入院し、酸素室で喉の炎症を抑える薬を吸引させることに。
検査は容態が安定しないと危ないので、代わりにまめのそのう検査。
トリコモナス等の兆候はないけれど、カビなどが見つかる。

●餌と水が食べられるようになったと連絡をもらう。
容態は安定しないので検査はまだ出来ず、
翌日の面会の時にも発作を起こす。

●家へ戻ったところに電話があり、発作が起きて危ない状況とのこと。
そのまま死亡。

私が着くまでにレントゲンを撮って調べたところ、
心臓が通常の4倍の大きさに肥大して、内臓を圧迫。
肺が潰されて呼吸困難になっていたとわかりました。
鳥の声を出す器官も近くにあったため、声が出なくなっていたそうです。
外見からは心臓肥大は判りませんでした。

心臓肥大はそう多くない病気だとは思います。
そのため、飼育書などにも書かれているのは殆ど見かけません。
生後すぐの雛の場合は先天性の可能性が高く、
生き延びられても手術などは難しいそうです。

身体の弱っている雛を戸外に出すのは
保温の面からもストレスの面からも怖いですが、
なるべく早めの受診が大切だと考えさせられました。
鳥を迎える前に鳥を診られる病院を探しておくことと、
不安に思う症状があった場合は、
すぐに相談することが大事だと思います。

***

私がむぎのことで今でも悔しく思っているのは、
入院させたままむぎが亡くなったことです。

死因が判ったのは亡くなった後だったので、
あの時に家へ連れて帰るという判断は難しかったけれど、
入院する直前まで掌に入りたがったくらいの
甘えん坊だったむぎはきっと寂しかっただろうと思います。
発作を起こしたために、面会の時にもプラケース越しでした。
それでも最後に真っ赤な目でこっちを見ていたむぎ。
今でもどうするのが正しかったのか実は判らないのです。

親切で優しく信頼できる先生には本当に感謝しています。
あと4年したらむぎのレントゲン写真をいただく事になっています。

病気の鳥さんたちが1羽でも良くなります様に。

むぎまめ


JUGEMテーマ:文鳥さん
  
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

むぎちゃんのこと

本日21時頃、むぎちゃんが亡くなりました。
死因を調べてもらった所、先天性の心臓肥大で、肺を圧迫していたために呼吸が出来なくなっていたそうです。
レントゲン写真を見せて貰ったら、普通の4倍程に大きくなった心臓と小さくなった肺が見えていました。
苦しかっただろうな…ずっと抱いててあげたかったな…

これからまめちゃんの所に2人で帰ります。

むぎちゃん入院

 昨日の夜、むぎちゃんを病院に連れて行きました。

口をぱくぱくしているのは呼吸困難になっているからだということで、急遽酸素を与えて様子を見たんですが、落ち着かず、検査も出来ない状態でした。
トリコモナスなどの細菌に感染している可能性が高く、気管が狭くなって呼吸困難や貧血を起こしているので、非常に危険な状態だと説明されて、愕然としました。
酸素室に入ったむぎはまともに立っている事が出来ず、先生の手に寄りかかるようにしてよろけてしまったので、最近自分からしていたように小さな器の中に入れてようやく少し落ち着きました。
一緒に連れて行ったまめちゃんのそのう検査をして、まめにはトリコモナスは検出されなかったけれど、今のむぎの検査は出来ないということでした。

今夜が峠になるかもしれない。
連れて帰るか、入院するか。
迷いに迷って…入院させることにしました。
診療時間になって「亡くなりました」と連絡を受けるかもしれない。
そうしたら、私は後悔するかもしれない。
でも、あのままふらふらしているむぎを無事に家まで連れて帰れる自信が私にはありませんでした…

むぎだけをかごから出したとき、驚いていたのかまめは落ち着かずに周囲を見渡していました。
そのう検査をして、少しして餌を食べだしたけど、どこか不安そうで、いつもならむぎが居なくなって騒ぐのに殆ど鳴くこともありませんでした。
かごを袋に戻すと、まるでむぎと引き離されたのが判ったかのようにナーバスに。
初めての病院やその間の移動はまめにとっても非常にストレスになってるようでした。

むぎとまめ

帰りに寄った実家で、しばらくむぎを探していたまめは、やがて諦めたかのように大人しくなりました。
家へ帰ってからようやく落ち着いたようだったけど、やっぱり何時もよりも大人しく、甘ったれです。

ごめんね、むぎ。
ごめんね、まめ。


***

<追記>
昼に病院に電話したところ、昨日よりは少し安定して、器の縁に停まって餌も食べてるらしいです。
まだ検査できるほどには回復していないそうなんだけど。
隣には病院で飼ってるぶんちゃんがいるそうで…
寂しがり屋のむぎちゃんだけど、早く場所に慣れて、早く元気になるといいなぁ。

むぎちゃんはだいぶ良くなってきました。

グラフィック0307.jpg
具合悪くなりはじめの頃にすぐこうしていれば良かったと、すごい反省中です。
とりあえず出先でも見られる監視カメラを付けてみました。
赤外線で光量のないところも一応見ることが出来ます。

2羽とも顔を見ると金網に張り付いて離れないので、家にいる間も餌を食べてるとか確認出来て重宝してます♪

どうやら2羽とも換羽が始まったようです。
ちょっと狭いけど、外出中はしばらくこのままいこうと思います。

むぎちゃん頑張れ…

昨日、会社から帰るとむぎちゃんがヒーターの下に潜り込んでた。
いつも通り餌を食べ始めたのに、すぐにやめちゃってこっちを見てる。
体重を測るとまた21g。
最近、餌を食べて22gなのでやっぱりあまり食べてないみたい

少しするとふわりと膨れて、くちばしの先も白くなってきた。
しかも何だかくちをぱくぱくしてて足の力も弱い。
慌てて病院に電話したけど、まだ小さいので病院までつれていく方が保温もストレスもあって危険だということで、ヒーターで暖まってもらうことにした。

ヒーターをプラ箱に入れて暑くなりすぎないようにタオルで覆ってたんだけど、どうしても怖がって暴れてしまうので、移動用のキャリーにヒーターを付けてタオルで覆って保温することにした。
まめちゃんの姿が見えないのに気が付いたからか、むぎちゃんが暴れだしたので、まめちゃんにもキャリーに入ってもらった。
少しすると落ち着いたからか水と餌を食べて少し元気になったけど、本当に怖かった…。

暑いのが苦手なまめちゃんのために熱が逃げるように上部を開けて、部屋の暖房を付けっぱなしに。
これで何とか30〜32度くらいに落ち着くみたい。
むぎちゃんはまだ口をぱくぱくしてるけど、動きも表情も良くなってきて、ちょっと安心した。
夕飯を食べるのを忘れてたので、何だかお腹が空いてきちゃったけど、何か作る気にはなれなくて、そこらへんにあったものだけ食べて少し寝ることにした。

昼休みに病院に連れて行こうか迷ったけど、朝明るくしたら餌を食べてたのでそのままで様子を見ることに。
何だか心配で仕事が手に付かない…。

なんでしょう?!
近づきすぎです…まめちゃん。

たまに餌を横取りしたり、寝てるのを起こしたりするけど、むぎちゃんはまめちゃんがいる方がいいらしい。
まめちゃんもむぎちゃんがいないと鳥かごの中で大騒ぎするし…。
昨晩は餌をもぐもぐしながら、むぎちゃんに餌をあげるみたいに顔を近づけてた。
まめちゃんが餌のところにいると、むぎちゃんも釣られることもあるみたい。
別々にしたほうがいいのかもしれないけど、家に居ない間に暴れて怪我したら嫌なので、まめちゃんもキャリーでお留守番してもらうことにした。
 
最近、まめちゃんは「きゅうきゅう」と苦しそうな声で鳴くと私が顔を見にやってくることを覚えてしまったらしい。
今朝も心配で中を覗いたら嬉しそうに近づいてきた…
まめちゃん…怖いからやめて…


JUGEMテーマ:文鳥さん

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

EVENT

月の魚』という名前で、
ガラス細工を使った、
アクセサリや小物や
スマホ充電器、文具などを
製作&販売しています。

▼▽参加イベント▽▼


7/1〜2(ギャラリー華澄想)
※2日のみ参加


7/14〜17 20〜23
(吉祥寺ギャラリー永谷)


7/22〜23(科学技術館1F)


8/5〜6(東京流通センター)


11/11&12(東京ビッグサイト)


鳥フェス他参加多数
※「月の魚」は両現在のところ参加なし

*****


2017年開催なし













selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR